結婚時の保険加入を最適に選ぶにはどうしたらいいか?

結婚をきっかけに保険について考え始める人はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。しかしながらただ闇雲に保険に加入しても、不必要に高額な保険料を支払うことになってしまいます。大切なのは自分のライフスタイルをしっかり把握して検討するということです。例えば共働きが専業主婦かで家庭の収入も大きく変わってきます。またお子さんが生まれる予定のある方は、広範囲に保障されている保険の加入が必要になるため、各家庭によって適切な保険というのは千差万別なのです。

したがってまずは現状を理解することから始めることをオススメします。例えば人によっては、すでに両親が生命保険に加入していたり、自分自身で会社等の保険に加入している人もいるかと思います。その場合は無理に今の保険をやめる必要は必ずしもなく、継続することも視野に入れると良いでしょう。継続する場合は、は、名義変更や住所変更等を忘れずに手続きするようにしてください。

次に新規で保険に加入する場合ですが、妻が共働きが専業主婦か、また子供は生まれる予定があるか否かで加入すべき保険は大きく変わってきます。共働きの場合は両方に安定した収入があるので、独身の時と同様に扱うことができます。しかしながら専業主婦の場合は、夫が万が一死亡した時に生計が立てられなくなるため、死亡保障が必要となってきます。さらに専業主婦の方は1人で生計を立てていかなければいけなくなった場合、すぐに働けるか否かで保険も変わってきます。